スポンサーサイト

  • 2019.12.31 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    面白かったです!

    • 2013.05.06 Monday
    • 22:56
     

    前回ご紹介したこの本ですが、

    13654969567970.jpg

    とても面白かったです!

    内容をわたし流にものすごく端折って言うと、

    「この世の中は不条理である。それが世界の現実である。

    日本ではそれをなんとかして無くそうとしているあまり

    弱者が権利を得て逆に強者になり得て、

    そのため強くなろうとする努力をしなくなったのではないか?

    そして日本人はますます生きる力を失くしつつあるのではないか?」


    ・・・ということだと思います。(あくまでわたし流の解釈です)

    曽野綾子氏は世界中を旅されていて、世界中の不条理を体験されてきたかたですので

    とても説得力があります。

    特に弱者が強者になってしまっている云々・・・のくだりでは、つい最近、某新聞の記事になっていた、月に29万円の支給を受けている生活保護のかたのお話などが思い出されました。
    (このかたは、それでもまだ足りないと言ってるとのことですが。。。)


    また、日本における言論や表現について、

    黒人差別につながるということで「ちびくろ・さんぼ」が絶版になったことについて、金美齢氏が、

    「「ちびくろ・さんぼ」を人目に触れさせなければ、差別はなくなるでしょうか。
    差別であるということを自明の前提にするのは、物事を議論させないということで、これは人間に思考停止をもたらすことです」

    続けて曽野氏が、

    「人間の心の暗闇というもの、それを感じるための手掛かりは唯一、言葉です。
    言葉を削り取ってはならないし、表現をいたずらに矯めようとするのも、かえって人間を歪めるものです。
    そういうことを無条件に許したら、結局は「綺麗事が大手を振る」ようになって、人間はその自らが抱える不純や複雑な部分が見えなくなってしまうんです」

    なるほど!

    そういうところからこの本のタイトル「偽善」につながっていくのですね!


    とにかく、日ごろモヤモヤと思っていたことがしっかりと解説されていたので

    なんかスッキリしました!


    さて、もう一冊ご紹介したいのですが、長くなるので明日にでも^^





    スポンサーサイト

    • 2019.12.31 Tuesday
    • 22:56
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM